トップページ 買い物カゴを見る マイページ お支払・送料 お問い合わせ お客様の声 お客様の写真 実店舗 カフェ 店舗アクセス
 

マトリョーシカの開け方

【マトリョーシカの正しい開け方】


●マトリョーシカをひねったり、ねじって開けるとキキキ…と嫌な摩擦音がしますので、避けてください。
 マトリョーシカの接合部分はねじ式ではないため、ひねると開けにくくなりますし、木が傷んでしまいます。
 マトリョーシカを横向きにして、両手で持ち、卵を割るように斜め下方面に押し下げながら引っ張る
 開けやすいです。

●大きなマトリョーシカの場合はみぞおちの部分に横向きのマトリョーシカをあてがい、自分の体で、
 マトリョーシカを支えながら、上記の方法で開けると、「ポンっ!」とよい音がして開きます。

(1)みぞおちのあたりにマトをあてがい、
両手でしっかり持つ。
 (2)少し斜め下に引っ張る。 (3)ポンと音がして、開く。


●小さなマトリョーシカは、台に布巾を敷き、ハンカチなど薄手の布をかぶせて開けると開けやすいです。
 次項の滑り止めマットを使って開ける方法も簡単に開きますので、ぜひお試しください。

 
●ドーム型や球形のマトリョーシカが開けにくい場合は、
 100均などで売っている、滑り止めマットを適当な大きさに
 切り、上部にかぶせてから開けると、簡単に開きます。
  
 通常の形のマトリョーシカでも、開けやすくなりますので、
 お子様や手の力が弱い方はぜひお試しください。
     
     マットを小さく切って、上部にかぶせてから開けます。

【マトリョーシカが開かない場合】

●作ったばかりのマトリョーシカは、接合部にニスが貼りついて、くっついてしまっている場合があります。
 マトリョーシカを平らな台の上に置き、上から押して、マトリョーシカを少し変形させてやると、
 ニスが剥がれて開けられるようになります。
 「パキッ!」と音がしますが、ニスの部分が割れただけですので安心してください。


●日本はロシアより湿気が多く、梅雨時や夏場は木が水分を含み、少し膨張します。 
 どうしても開かないときは無理やり開けず、秋冬の乾燥時まで待ってから開けるといいです。


●最初から接合部分が固い場合は、上側のマトリョーシカの接合部の裏面を少しだけ紙やすりで削ると、
 開けやすくなります。削りすぎると、緩くなりすぎますので、少しずつ様子を見ながら削ってください。


【マトリョーシカが簡単に開いてしまう場合】

●接合部分が緩い時は、上側・下側マトリョーシカの接合部に蜜蝋(みつろう)のロウソクをこすりつけると、
 パカパカ開きにくくなります。 (普通のロウソクでは効果がありません。)

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

わからないことがございましたら、リャビーナまで気軽にお問い合わせください。